メイン仕事考

ホテルのバーをとことん利用しよう

出張でシティホテルが運良く取れたなら、ホテルの付帯施設を楽しみたいですね〜。統計的に見ると圧倒的に女性の方がホテルの上手く利用しているそうなんです。

すちゃらか営業マンの場合は、結構ホテルのバーを利用しています。ホテルから出かけてお酒を飲む店を探して入るのも楽しいのですが、まったく見知らぬ町で探しながら歩き回るのもしんどいことですし、お勘定するまでいくらかかるか判らないお店に入ってしまうことも有り得ますのでホテルのバーは、安心して利用できる選択肢の一つになります。

ホテルのバーと言うと、「敷居が高く、料金も高い」と思われがちなのですが、ほとんどのバーがチャージ(席料)を取りません。そして、アルコール自体も生ビールのグラスは800円程度、カクテルは1000円くらいからありますし、ウィスキーも1000円〜2000円程度で飲めます。ですから、税サ込みで5000円もあれば、好きなカクテルを2、3杯飲んで、バーテンダーと楽しく話すことが出来ます。

ホテルのバーでの楽しみは、バーテンダーの豊富な話題です。すちゃらか営業マンは、シングルモルトのアードベッグやボウモア、ポートエレンなどをよく飲むので蒸留所の話やモルトの希少性などを聞くのが楽しみなのです。

そうやって話してみると、お酒にまつわる話はもちろんのこと、地元の遊びやホテル周辺の盛り場のことも親切に教えてくれます。彼らは、ホテルのコンシェルジュの一員ですね。

ホテルのバーというと、夜に利用するところと思っている方は多いでしょが夕方のバーは意外と穴場です。出張先で連泊する際に、早めにホテルに戻れることもあります。そんなときには、ハッピーアワーを利用するのもいいですね。

サービスの時間帯はホテルによって異なりますが、17:00〜20:00で割引率も30〜50%引きといったところが多いようです。

もちろん宿泊客でなくてもホテルのバーは利用できますので、お客様との打ち合わせなどでは、威力を発揮してくれます。レストランや喫茶店に比べたらサービスは全く違いますから。

▼先日の名古屋出張ですっかり気に入ってしまった全日空ホテルズ ホテルグランコート名古屋

Click Here!

投稿者:タイムマネジメントツール評論