メイン手帳考

丸善オリジナルSLIP-ONのRHODIAカバー

普段A5サイズの超・整理手帳をカバンに入れて持ち歩いているのでちょっとしたメモにはRHODIAのNo.11をポケットに入れている。最近の私は、断然RHODIAのメモ帳なのである。RHODIAのメモ帳は、いろいろなサイズがあるがページを切り取るときのサクッとした切り取り感が抜群によろしい。

もちろん、オレンジ色の表紙のデザインがメチャメチャ格好良いのでメモ本体だけ持ち歩いても良いのだけど、ペンを一緒に持たないと必要なときにすぐに書けないのでカバーを検討することにした。もちろん、どうせ買うなら大きい店ということで、丸の内の新名所になっている丸の内オアゾ(OAZO)の中にある「丸善・丸の内本店」に行ってきました(仕事で出かけたときに、ついでに立ち寄ったとも言います)。


話題の丸善・丸の内本店は、さすがに広いですね(写真を撮ろうと思いましたが、撮影禁止だそうです)。お目当てのRHODIAカバーは、4階にあります。文具コーナーは、先頃閉店した日本橋店ほど広くありませんが、なかなか充実しています。早速、丸善オリジナルSLIP-ONのRHODIAカバーを見つけました。

▼箱に収まっているとお財布に見えますね
04100400.jpg

イタリアンオイルドレザー製のワイン色にRHODIAのNo.11と丸善オリジナルのボールペンが付属していて2940円(税込み)です。色は、他に2色あるそうですが残念ながら在庫無し。選択肢が無かったのだけど、気に入った色だったので購入を即決してしまいました。

▼創業1869年と書いてあります。なんと135年前!!
04100401.jpg

SLIP-ON製であることは、箱の中の説明書で確認できましたが、丸善オリジナルだけあってカバー裏にはMARUZENと刻印が。ここポケットになっていてメモなどが挟めるようになっていて結構便利かも。

▼RHODIAの表紙を後ろに折り曲げた状態で差し込めるようだけど、写真のようにそのまま装着することにしました。洒落た表紙が見えないのはもったいないもんね。
04100402.jpg

150円のメモ帳に皮のカバーは、いかにも贅沢と思いがちだけどイタリア製のオレンジ色のRHODIAってそれを許しちゃうんですねぇ。イタリアでは、日常的に使われているメモ帳らしいのですが皮のカバーを日本人が作って大事に使っているって知らないんでしょうね。

▼ボールペンは、箱に入っていたときからペンホルダにクリップを差し込んでありました。抜き差しのしやすさを考えるとこれでいいんでしょうね。
04100403.jpg

SLIP-ONのRHODIAカバーは、重さも適当で皮の材質も硬すぎないので結構気に入ってしまいましたね。本家のSLIP-ONのホームページでは、カラフルなカバーが豊富に揃って、しかも名前を刻印してくれるのでこちらで買っても良いかもしれない。というかも一つ欲しいかも。

▼ブッテーロの皮カバー(税込3,990円)。ブッテーロという素材名は世界に知られたヌメの頂点に立つもので、素材の名が一つのブランドにもなっているだってさ。ちょっとよだれが・・・欲しい!

Click Here!

▼こちらは、今回買ったのと同じイタリアンオイルドレザー (税込2,940円) 。

Click Here!

投稿者:タイムマネジメントツール評論