メイン手帳考

A7サイズ手帳カバーをどう使う?

A7サイズ手帳カバーに関するアンケートの結果が出ました。

RohdiaのNo.11とA4を折りたたんだスケジュールシートが数枚挟まるような7サイズ手帳カバーを作ったら、共同購入しますか?というアンケートに実に100名を超える方から回答を頂きました。

はい 56%
いいえ 44%

▼ブリットハウスから「A7ノートジャケット」というカバーが出ていることを教えてもらいました

Click Here!

A7サイズ超・整理手帳を試作してみて判りましたが、やはりメインで使うには書き込みが小さいなど不便な点も多いことが判りました。

私自身も、実際の利用では、A5サイズ超・整理手帳を補完する手帳として使おうと思っています。つまりカバンに入れておくものと携帯するもので分けようという考えです。

▼見開きでノートが使えます。ブックカバー形式になっているのでメモを包み込む形なるではないかと思います。

Click Here!

▼これは、気に入りましたので、購入して使用感をレポートします

Click Here!

A5サイズ超・整理手帳は、スケジュールの一覧性、A5ノートやA5メモなど市販のものをどう利用するかから導き出された結果です。一方、携帯性は犠牲になりました。この点は、多くの人から指摘されましたし、欠点になっています。

最近、お会いした人がスリップ・オンの「A5 Size Rhodia Cover」を持っていらっしゃいました。最近、お会いする方が、A5サイズで超・整理手帳を使っていますと見せていただくことも増えました。これは、A5サイズで超・整理手帳を使う人が確実に増えていると言う事です。

▼もちろん、写真を撮らせてもらいました。
04122701.jpg

▼私のブレイリオのカバーと厚さは変らないようです。
04122702.jpg

ここで、改めてA5サイズで超・整理手帳をどう使っているかをご説明します。過去にご紹介した使い方と現在では若干違いがあります。

私の場合、A5サイズ超・整理手帳は完全に机において使います。そこで、書き込みに使い勝手の良いA5サイズのノートカバーを手帳のカバーとして使っています。

▼ブレイリオのA5ノートカバー
04122703.jpg

これに電話の内容や商談でお客様に書いて説明するときに使うメモを差し込んでいます。

▼A5サイズのRhodiaを使おうと思いましたが、厚すぎるのでノベルティで貰った薄手のメモを入れています
04122704.jpg

商談や会議の内容は、どこでも買えて安いA5のノートを使います。

▼1冊120円程度のもので充分です
04122705.jpg

ポスト・イットは、大小2つのものを常に持ち歩いています。

▼カンガルーフォルダに直接貼り付けてあります
04122706.jpg

スケジュールシートは、2週単位に折り直して見開き4週で使います。

▼ポスト・イットは、スケジュールシートの上に張ってTO-DOを確認しています
04122707.jpg

▼余分にカンガルーフォルダを持っているのであれば、路線図や内線番号表など仕事で必要なものは挟んでおきます。
04122708.jpg

▼手帳の厚さは、メモが分厚いのとスケジュールシートは1年分挟んでますので、3、4センチあります
04122709.jpg

このサイズでカバンからさっと取り出してメモをとったり、メモを確認することは機動性で若干問題を感じています。

超・整理手帳のフォーラムでは、ダイソーのチケットケースを予備のシート入れにして短期の出張時のスケジュールや地図を入れて歩いている人も多いようです。

それならば、A7サイズ手帳カバーでメモや短期のスケジュールを挟んでおき、A5サイズ超・整理手帳の機動性を補えばよいわけです。

・電車の時刻表など
・移動時のアイデアメモ
・携帯電話で話すときのメモ
・出張の際の飛行機、新幹線のスケジュールを印刷したもの
・訪問先の地図を印刷したもの

超・整理手帳のスケジュールシートだけでは書ききれないような過密なスケジュールになった場合、その日のスケジュールを「Tic」のようなソフトで書いて印刷して挟んでも良いかも知れないですね。

投稿者:タイムマネジメントツール評論