メイン手帳考

A5サイズ超・整理手帳2005年版を考える

超・整理手帳フォーラムの過去記事を見ていたら、以下のような書き込みがあった。

十年ほど前に発売されたオフィシャルガイドブックによると、もともとのスケジュールシートは、『野口先生が作った試作品はA4をテープで繋いで一年つまり365日、一覧できるだった』そうです。

う〜ん。ちょうど「D-BROS Creators' Diary」を入手してから「365日を一覧する」ことに憧れを抱いてしまっていたので、ついついDIY根性が出てきてしまった。

▼D-BROS Creators' Diary 2005
04101902.jpg

A5サイズにスケジュールシートをすると実は、シートの裏側を使うために折り返すのがちょっと面倒くさく思えてきたのだ。人間は、「ちょっとの面倒くささ」には、慣れる事が出来るのだが、より良い方法を見つけると試してみたくなるのだ。そこで、スケジュールシートをもう1組購入して1年間を繋いでしまおうと思う。超・整理手帳フォーラムでも、何人かはスケジュールシートを1年間を繋いで使う荒業に挑んでいる人がいるみたいだし。

▼用意するものは、サージカルテープ。これは薬局で売っている。
04111001.jpg

▼そして、スケジュールシート2組。下は、スペシャル版に付属のもの。
04111002.jpg

▼あとは、日付を合わせてぐいぐい貼っていくだけだ。
04111003.jpg

▼紙テープなので表面には問題なく文字が書けるし、目立たない。
04111004.jpg

▼4ヶ月分を広げてみた。圧巻ですね。1年分広げるには机がもっと広くないと。
04111005.jpg

▼スケジュールシートとA5ノートをカバーに収めてみた。
04111006.jpg

カバーにスケジュールシートとA5ノートを収めると若干スケジュールシートにダブツキが出た。これは、カバーのサイズにゆとりが無いのでスケジュールシートとA5ノートの収まりが悪いからだろう。市販のカバーには限界があるように思う。

▼Slip-OnからA5サイズのRHODIAとA5ノートやダイアリーを一緒に出来るカバーが発売されている

Click Here!

▼ここまで厚みに余裕があると、うれしい。ちなみにRHODIAだけで1センチはある。

Click Here!

投稿者:タイムマネジメントツール評論