メイン仕事考

野口悠紀雄教授考案、『 2.5Way ストラップ 』は、いい

野口悠紀雄教授にお会いした際に「とにかくこの世の中にあるものは、使い辛い」とお話をされていました。その常に現状に満足しないマインドが、超・整理手帳を世の中に出したわけですね。

05022701.jpg

今回は、野口悠紀雄教授が考案した『 2.5Way ストラップ 』を購入してみました。『 2.5Way ストラップ 』は、ブリーフケース(肩掛けのショルダーバッグ)に装着することにより、両肩にカバンの重量が分散されます。これにより、極めて快適なかけ心地が得られます。

▼重量が両肩に分散され、カバンが腰の位置に固定されますので両手が、より自由な状態になります。
05022702.jpg

この重量の分散化と両手の自由度の向上は、このストラップを使ってみるまでは判らないと思います。若干、見栄えが良く無い気もしますが、一度この快適さを知ると手放せないかも知れません。

今のところ1ヶ月しか、使っていませんが、背中が解放されているため、夏場も快適に使えそうです。

▼「書類カバンの問題点について」は、下記139ページが初出です。
「超」整理法〈2〉捨てる技術
野口 悠紀雄



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▼カバンは、TUMI26021 コンピューター・ブリーフです。B5ノートパソコンを入れるのに最適の大きさで、今一番のお気に入りです。

Click Here!

投稿者:タイムマネジメントツール評論