メイン手帳考

超・整理手帳オフ会2005〜タイムマネジメント編〜

今年で3回目になった超・整理手帳オフ会に参加してきました。もともとは、「別売りになっている様々なカバーを購入したユーザー同士、見せ合いっこしましょうという」軽いお誘いでスタートしたオフ会ですが、手帳のカバーよりもリフィルの活用法や使い方をどうしているかの意見交換の場になっています。

▼試作品を含めカバーをノグラボの山本さんがたくさん持参していただきました。
05030600.jpg

今回も「超」整理手帳を使ってどのように仕事をされているかとか、「超」整理手帳の活用法など、様々な意見交換が行われました。

◆自分の時間をどう確保するか?

タイムマネージメント(時間管理)については、やはり多くの人の課題です。

自分でしたいことをするための時間をどう確保するか、仕事のバランスをどうとるかについて意見交換が行われました。

私は、営業職ですので顧客訪問のアポイントなどジャバラのスケジュールシートを広げてバランスを考えるようにしています。訪問準備などもありますので、毎日平均的になるようにアポイントを入れるようにしてしています。個人的には、一日に多くの予定を入れる必要のある人は超・整理手帳のジャバラのスケジュールシートを使うのは困難かと考えています。

某商社勤務の方は、スケジュールシートを社内で公開しアシスタントに自由にスケジュールを記入させる方法をとっていらっしゃいました。あらかじめ何らかの予定をスケジュールシート入れておき、自分でしたいことをするための時間を確保しつつイントラで共有されているスケジュールをアシスタントの方がスケジュールシートに書き写したり、部下が同行を求める際に記入することで業務を進めていらっしゃるそうです。突発的なアポイントについても相手にスケジュールシートを提示することで上手にコントロールされているようです。
05030601.jpg

企業法務の方の場合、各種契約書、申請書の類について事前の調査期間が必要なため、スケジュールシートに納期や事前の準備期間などを記載し業務の進捗を管理していらっしゃいます。
05030602.jpg

その週のやるべきことを2005年からスケジュールシートの上部に出来たメモ欄に記入している人も多いようですが、プロジェクトの進行管理を別のリフィールを作成して利用されている方もいました。

投稿者:タイムマネジメントツール評論